2014/11/19(水)postgresqlへの問い合わせが化けてた

データベース学習用のajaxを組んでいたのだけど、日本語が文字化けしてどうしようもなかったのだけど、ようやく解決策が判明

データベースへの問い合わせ結果も、外部入力と同様にdecodeすべきだった模様
すべてUFT8で統一していたので気づかなかった

メモ

use Encode 'encode';
$sth = $dbh->prepare($q);
$row = $sth->execute();

#適当にフェッチ

$value = decode('UTF-8', $value); # 結果の値をデコード

#最後にエンコードして返す
return encode('UTF-8', $result);

2011/03/27(日)insideなページ構築中 (pdfの作成)

注意
最終的にroot権限がないとこにインスコする必要があるため、PREFIX付けてます
ライブラリの更新だけはrootでやってますが(汗

PDF::API2のインスコ

準備

ExtUtils::MakeMakerの6.31以上が必要らしいので
rootでcpan使ってinstall ExtUtils::MakeMakerしておく

あと、Font::TTFも必要っぽいので落として入れておく

$ tar xvzf Font-TTF-0.48.tar.gz
$ cd Font-TTF-0.48
$ perl Makefile PREFIX=~/lib
$ make; make test;
$ make install

PDF::API2

$ tar xvzf PDF-API2-2.019.tar.gz
$ perl Makefile.PL PREFIX=~/public_html/inside/lib
$ make; make test
$ make install

make testでFont::TTFが無いと怒られるけど、標準パスに置いてないので当然
気にしないでinstall

使う

use PDF::API2;を忘れずに

基本

# 1. PDFを作る or 開く
$pdf = PDF::API2->new(); 
#$pdf = PDF::API2->open('my.pdf');

# 2. ページを開く or 作る
#$page = $pdf->openpage(1); # 1ページ目
#$page = $pdf->openpage(-1); # 最後のページ
$page = $pdf->page(); # 新期ページ

# 3. いろいろする
# サンプル参考に

# 4. 保存する or 名前を付けて保存する or 更新する or textではき出す
#$pdf->save();
$pdf->saveas('new.pdf'); 
#$pdf->update();
#$pdf->stringify();

# 5. pdfを閉じる
$pdf->end();

サンプル

文字を書く

use PDF::API2;

	my $pdf;
	my $page;
	my $font;
	my $text;
	$pdf = PDF::API2->new();
	$page = $pdf->page();
	$page->mediabox('A4');

	$font = $pdf->corefont('Times-Roman');
	$text = $page->text();
	$text->font($font, 16);
	$text->translate(10,300); # 左下が基準っぽい
	$text->text("sample pdf");

	$font = $pdf->cjkfont('KozMin');
	$text = $page->text();
	$text->font($font, 16);
	$text->translate(10,275);
	$text->text("サンプル②");

# ttf使うと、fontが埋め込まれます
# その分ファイルサイズが大きくなるので注意
	$font = $pdf->ttfont('./font/ipaexg.ttf', -encode=>'euc-jp');
	$text = $page->text();
	$text->font($font, 16);
	$text->translate(10,250);
	$text->text("サンプルⅢ");

	$pdf->safeas('test.pdf');
	$pdf->end();
	exit();

座標 1

ポイント単位なので

sub mm2pt(){
	return $_[0] / 25.4 * 72;
}

とか用意しておくと、幸せになれるかもしれない

座標 2

用紙のサイズ(ポイント)は$page->get_mediaboxで取得できるので、

(undef, undef, $x, $y) = $page->get_mediabox;

でとれるので上からの10mmの座標は

	($page->get_mediabox)[4] - &mm2pt(10)

になる

参考サイト

    • http://search.cpan.org/~ssimms/PDF-API2/
  • 基本的な使い方
    • http://pdfapi2.sourceforge.net/pdfapi2_for_fun_and_profit_APW2005.pdf
    • http://search.cpan.org/~ssimms/PDF-API2/lib/PDF/API2.pm
    • http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/20090531/1243757247
  • $textとかコンテンツ回り
    • http://search.cpan.org/~ssimms/PDF-API2/lib/PDF/API2/Content.pm
  • corefont
    • http://search.cpan.org/~ssimms/PDF-API2/lib/PDF/API2/Resource/Font/CoreFont.pm

2011/03/07(月)insideなページ構築中 その2

ユーザ情報取得が必要で、結局LDAPの問い合わせが入るので、ケルベロス認証はやめました

ajaxでid, pw送って、それでLDAPに問い合わせてbindできればOKで、そのまま個人情報の取得
bindできなければそのままエラーで済ませることにした

Net::LDAPのインスコ

適当にググったサイトを参考にインスコ
手元の環境はネットにまともにつながらないのでCPANからインスコできなかった
というか、FTPくらい通して欲しい

なので、perl-ldap-0.4001.tar.gzを落としてperl Makefile.PL; make; make install
依存関係の都合で、これの前にConvert-ASN1も落として入れておく
途中ladpsとか入れるか聞かれるけど、optionalなので、全部 n

LDAPサーバを調べる

というか、直感で
server: xxx.xxx.xxx.xxx
domain: sample.ac.jp
かな

domainからbaseを作る
dc=sample,dc=ac,dc=jp
になる

スクリプト書く

use Net::LDAP;

my $user   = 'serika';
my $pass   = 'password';
my $domain = '@sample.ac.jp';
my $base   = 'dc=sample,dc=ac,dc=jp';

my $ldap;
my $res;

# サーバに接続
$ldap = Net::LDAP->new('xxx.xxx.xxx.xxx'); 
$res = $ldap->bind($user.$domain, password=>$pass);
if($res->code){ # 認証失敗
    exit();
}

# 問い合わせ
$res = Net::LDAP->search(base=>$base, filter=>"(sAMAccountName=$user)");
if($res->code){ # 問い合わせ失敗
    $ldap->unbind;
    exit();
}

# 必要なデータの取得
# 今回は表示名の取得
# foreachのまま使ってるけど、AccountNameが重複してない限り2回回らないので、[0]もあり
my $info;
foreach my $entry ($res->entries){
    $info = $entry->get_value('displayName');
}

# 解放
$ldap->unbind;

最後、解放忘れるとinternal server errorでるので注意

検索用

[Linux][Windows Server][Active Directory][LDAP][perl][認証]

OK キャンセル 確認 その他